HIRARIS

Menu

毎日が特別な日になる平屋の家。

自然豊かな富山の景色にしっくりなじむ、平屋の家ができました。
土地を活かしたフラットな居住スペースは、屋外を身近に感じることができるでしょう。
夫婦ふたりの時間を楽しむ家、一人で自由に過ごすための一戸建て、二地域居住の生活拠点など、
家族や居住のかたちが多様化する中、シンプルで心地よい住まいを考えてみました。
ゆっくりと流れる時間に身を置きながら鳥の声や風の音、木々のささやきに耳を傾けてみてください。

クロストーク:
中斉拓也[HIRARIS 担当建築家]
×  前川 守[HIRARIS スーパーバイザー]

— ヒラリスができるまで

前川 しっかりデザインされた規格型の住宅をずっと販売したいと思っていたんです。中斉さんとは面識もありましたし、お仕事も見ていたので「いい住宅ができる」と確信した上でお声掛けしました。

中斉 ありがとうございます。僕も規格住宅には興味があったんです。これからの時代にもっと建築家が介入した規格住宅があっていいなと。ハウスメーカーがつくる規格住宅とはまた別の選択肢としてつくっていきたいと思っていたんですよね。そんなときに前川さんからヒラリスのイメージを伝えられ、何の異論もなく賛成できました。

前川 富山の自然豊かな土地柄をうまく取り入れた家が増えれば、それが良い景色となっていくのではと。そんな環境をつくりたいという思いがヒラリスをつくるきっかけでした。建物があってカーポートがあって、それがずっと連なっていく風景を変えたかった。富山は土地の値段も安いので、その土地を利用した平屋の建物も含めて景色として見せたいという思いが芽生えたんです。将来的にはその景色が、文化として残るものになればいいなと考えました。

中斉 僕はその話を聞いて、世の中の規格住宅とどう区別化していくかを考えました。余分なものを排除することで機能美が生まれ、住む人によって居心地、使い勝手に繋がるということを考えの根底として設計できないかと。さらに、付加価値をつけるために考えたのが、テラスのある暮らしだったんです。富山の自然の中にテラスのある家をつくることに意味があると思っていて。例えば、家の外に自然が広がっていればテラスは外と内の中間領域として楽しめる場になる。外へのアクティビティを助長する装置としてのテラスを各プランに備えることにしました。

前川 その話を聞いてすごく共感できたんです。立山連峰がきれいに見えるテラス。すごくいいなと思いました。

中斉 奇をてらわず、また前川建築のイメージするかたちを損なわないことも意識しました。テラスと一体となる暮らしは、部屋単体で考えるととてもコンパクトな造りになっているのですが、パブリックとプライベートをしっかり分けて、生活のしやすさを考えた設計にもなっています。

前川 郊外に建てられるのはもちろん理想なんだけれど、街の中で暮らすことを考えたときに小さい面積でいかに生活しやすいかということも求められますからね。しかし、コンパクトと言っても設備はすごく充実していますよね。

中斉 全てのプランに全館空調を完備しました。冷暖房を活かすべく、床に吹き出し口をつくり、廊下や部屋の寒暖差をなくしています。

前川 ずっと同じ室温で行き来できるのは富山の暮らしにはありがたいこと。あと今回素材として用いている杉は、私たちの大きなこだわりの部分でもあります。杉は空気の層を持つ天然の断熱材とも言われていて、軽くて柔らかくて温かいのが特徴。長時間立っていても足腰が疲れにくいうえ調湿能力も高い。湿度の高い富山でも、梅雨時期もさらっと快適に過ごせます。

中斉 ヒラリスは、そんな前川建築の知識と技術があってこそできた家なんです。持ち味をしっかりと活かしつつ、今後はプラン数やオプションの充実も図っていけるといいですね。住まい手の考えや知識も多様化する時代。そこにしっかりフィットしていけるよう、考えていきたいです。

前川 今後はできるだけ市街から離れた郊外にも注目していきたいと思っています。3、4棟のヒラリスが並んだコミュニティがいくつもできることで、それが群像した景色のある環境をつくっていきたいです。

中斉 イメージ的には砺波の散居村という感じですね。

前川 建物が並んだ景色といえば、白川郷にも通じるものがあるかもしれません。景色として、建物と外の繋がりを考えていくと「niwanoso」で植栽なども提案しながら今後は環境をつくることができれば理想ですね。前川建築、コノカ、niwanoso が問題を共有しながら、三位一体となりひとつの事案に取り組むことができたら、それはまた新しく楽しいものが生まれるかもしれません。

中斉拓也[HIRARIS 担当建築家]

中斉拓也 / 中斉拓也建築設計|NAKASAI ARCHITECTS 代表

1980年、富山市出身。大学卒業後、大阪、富山の設計事務所に勤務。2012年「中斉拓也建築設計|NAKASAI ARCHITECTS」を立ち上げ、富山市を拠点に活動を行う。新築、増改築、改装問わず住宅や店舗、オフィス、施設等の設計及び工事管理に携わる。さまざまな条件や関係を同等に扱い、またそれらを整理しデザインすることで場所にふさわしい建築、心地良い空間を提案する。

www.nkstky.jp

前川 守[HIRARIS スーパーバイザー]

前川 守 / 株式会社前川建築 代表取締役

1973年、上市町出身。祖父の代から続く工務店として長きにわたり日本建築に携わる。三代目として父親のもとで大工修行を積んだのち、27歳で代表に就任。「温故知新」をコンセプトに、古くからの日本建築を熟知し、技術をもって現代住宅・JAPANESE MODERN の創造に挑戦し続ける。2016年、不動産・リノベーションをメインとした法人「コノカ」、外構デザイン・エクステリアなどを手掛ける「niwanoso」を設立。

www.konoka-maeken.jp